Loading

GameCrafterTeam

GameCrafterTeamの紹介

GameCrafterTeamは2008年、学生を中心としたゲーム開発チームとして設立されました。同チームは 2008年から2012年までの間、現地向けの無料ゲームを配布し、様々なゲーム開発コンテストに参加していました。 メンバーが2012年に学校を卒業後、海外向けのコンシューマーゲームを開発することに決めました。小規模のゲームプロジェクトを完成後、2012年12月に3番目の作品「Project Nimbus」の開発に着手しました。

Pawee Pakamekanon
創設者

1990年1月生まれ。中学生の時からゲーム開発に対し興味を持ち、高校時代にゲーム開発を職業として考え始めました。学生時代、趣味としてSF小説を書いたPawee氏は西欧のSF映画や日本のアニメから多大なインスピレーションを受けています。

Pawee氏は2008年、大学在学中に3DアーティストのNattawat Singneawを筆頭に、他のメンバーと共にGameCrafterTeamを設立しました。そして2012年、同チームはゲーム開発を本業にしました。

Rattapoom Kotchapong
プログラマー

1981年、タイの北東部にある海軍基地に生まれたRattapoom氏は幼少時代からゲームやCGに夢中でした。同氏は1998年に奨学金を使ってアメリカの高校に進学し、在学中に3Dデジタルアートに取り組み始め、様々なプログラミングサークルに加わりました。タイの大学を卒業後、同国の企業講師としてフルタイムで働きつつ、タイ王国国家警察庁の短期講師として採用されました。Pawee氏がRattapoom氏の試作ゲームやアート・ポートフォリオを注目したのはこの時期で、その関係でRattapoom氏はProject Nimbusに携わるようになりました。